ビジネスマナーからお悩み相談まで! デジセン商事.comは社会人の皆様を応援するコンテンツを配信中です!

蝦(エビ)で鯛を釣る

小蝦(エビ)の餌で鯛を釣り上げる意で、少ない元手で大きな利益を得ることのたとえ。略して「蝦(エビ)鯛」ともいう。

(創拓社『文芸作品例解 故事ことわざ活用辞典』より引用)

蝦(エビ)で鯛を釣る

「エビ鯛」という言葉は、結果的にエビで鯛が釣れてしまった。というように、予想外に大きな見返りがあったときに使います。

 そうですね、「初任給で両親にプレゼントをしたら、プレゼントの値段以上のお小遣いをもらってしまった」なんて経験のある人もいるかもしれませんが、これなどまさに「エビ鯛」ですよ。

 ビジネスシーンでも、儲かった話やおいしい話をするときなど、よくこの「エビ鯛」という言葉を使ったりするぞ。「エビ鯛」という言葉を聞いて「は?」なんて顔にならないようにな。

 儲かり話かぁ。自分の仕事がそんな話ばっかりだったらいいですよね〜。

 少ない元手で大きな利益! ビジネスでは基本中の基本のことだけど、やることなすこと全てがそううまくいくわけじゃないからなぁ。狙った「エビ鯛」が成功すれば大金持ちなんだけど〜。

 いやいや、「エビ鯛」という言葉は「予想外」や「結果的に」という意味合いを強く含んでいます。

 最初から計算された儲かり話を「エビ鯛」とは言いませんよ。

 逆に、一度の予想外に味をしめ、エビ鯛に再度あやかろうと作為的に計算すると、相手にせこい、見苦しいと思われてしまうかもしれません。

 あ〜確かに。最初に言ったたとえ話だって、お小遣いに味をしめて毎月毎月両親にプレゼントしてたんじゃ、あまりに見え透いていてやらしいもんなぁ。ホワイトデーのお返しを期待されたバレンタインデーのチョコみたい…。

 そうそう。

 最初から「こんな予想外な出来事が起きて思わぬ利益が得られるかも…」と、予想外の出来事まで計算するのでは、「捕らぬ狸の皮算用」になってしまいますよ。

 捕らぬ狸…? あ〜! なんだっけ、そのことわざ! 聞いたことはあるんだけど〜!!

「捕らぬ狸の皮算用」とは、まだ捕まえてもいないうちから、狸の毛皮がいくらで売れるかを計算する意で、当てにならないことを期待して、それをもとにアレコレ計画することの愚かさのたとえです。

 周りの人に「捕らぬ狸の皮算用」のような浅い計算を見透かされたのでは恥ずかしいですからねぇ。そんな愚か者にならないように気をつけないといけませんね。

今回のまとめ!!

「エビ鯛」は、狙うとせこい。気をつけて!

今回のまとめ!!

世界のことわざ 「蝦(エビ)で鯛を釣る」

  • 升で与えて斗で受け取る(朝鮮)
  • 贈るとは釣ること(ドイツ)
  • 子牛を使って雌牛を捕えられる(ベネズエラ)

(大修館書店『世界ことわざ大事典』より引用)

トップページへこのページのトップへ

生かせビジネス格言小言社長の世の中ウォッチング小言社長の今昔物語

最新の記事

商品紹介

.