ビジネスマナーからお悩み相談まで! デジセン商事.comは社会人の皆様を応援するコンテンツを配信中です!

小言社長のビジネスウォッチング 第11回

どんど晴れ、面白かった

(2007/10/26 up)

 9月で終了したNHK朝の連続ドラマ「どんど晴れ」が面白かったんですよ〜。

 びっくりした…。小言社長がそんな風にテレビドラマのことを褒めるなんて珍しいですねぇ。

 ははは。

 最近、歳のせいか私が面白いと感じるドラマがないんですよ。

 芸能人がたくさん集まってワイワイする番組も飽きちゃいましてねぇ…。

 そんな小言社長がどうしてまた、毎朝律儀に連続ドラマを見るようになったのですか?

 それがよく覚えてないんですよ。何かの拍子というやつですね。

 ニュースのあと、チャンネルをそのままにしていて何とはなしに見たことがきっかけでしょうか。

 そのときの場面が面白くてね、あとはもう気になって仕方がなくて、別人のように番組を追いかけていましたよ。

 はは、食い入るようにテレビを見る小言社長を見てみたかったですね。ところで、「どんど晴れ」はどんなところが面白かったのですか?

 老舗旅館で女将修行をする若い女性の奮闘ぶり、周囲のいじめっぷりがまず印象的でしたね。

 やはり、いつの時代でも根性ものは根強い人気があるんですねぇ。

 いやいや、なんといってもこの番組は脚本がよかったですよ。聴衆を飽きさせませんでしたからね。

 今時の外資の乗っ取りとか親子の絆といったテーマをちりばめて、よくできていたと感じました。この脚本家はこれから要注意で期待するようにします。

 それに脇役もよかったですよね。しっかりした俳優さんで固めていましたから。

 小言社長がこれだけ褒めるのも珍しいんじゃないですか?

 そうですか? そんなことはないですよ。

 褒めたいときは思いっきり褒めます。

 もちろん、褒める必要もないのに褒めることはありませんけどね。

 おっとっと、やぶへびでした。

 それにね、まだ気に入っているところがあるんです。ストーリーが不自然ではないんですよ。

 ドラマというと、どうしても劇的な場面を作るために不自然な展開になってしまうケースがままあるじゃないですか。

 この脚本にはそれがなかったですねぇ。そこもよかった。

 ドラマの中で「おもてなし」という言葉が頻繁に出てきていましたよね。小言社長はいつもビジネスのことをお考えでしょうから、この「おもてなし」という言葉には興味を持たれたのではないですか?

 さすがですね、その通りです。

 この「おもてなし」という気持ちはビジネスに欠かせないものです。

 しかし頭ではそうわかっていながら、実際にはなかなかうまくできないことが多いのも事実ですよね。

 確かに…。それはどうしてなんでしょうね?

 う〜ん、サービス精神の不足ではないかと思いますよ。人に喜んでもらうことが何より嬉しい、という気持ちですね。

 この気持ちがないことに「おもてなし」はありえません。

 まぁ、そもそもこの気持ちを体感したことがなければ問題外なのですが。

 今の人たちにはその気持ちが少ない、と感じているのですか?

 そうですね。

 小さいときは自分がしてもらうことの方が圧倒的に多かったでしょうし、大人になってからはその気持ちを味わうチャンスが少なかったのではないでしょうか。

 してもらった人もなかなか素直に「ありがとう」と言えない、最近のコミュニケーションの気まずさということも、多分に影響しているような気がします。

 人に喜んでもらうことが嬉しい。ありがとうと素直に言えるようになる。言葉にすれば非常にシンプルなことなんですけどね。

 そのシンプルな表現というものが、照れもありなかなか難しいものなんですよね。

 でも、仕事と割り切って素直になれると案外うまくいくものですよ。

 そうなんですか? 仕事でできるようになれば、それがプライベートでもできるようになりますかねぇ。

 私の体験から言わせていただきますと、良い経験を重ねればその分素直になれると思いますよ。

 是非試してみてください。

トップページへこのページのトップへ

生かせビジネス格言小言社長の世の中ウォッチング小言社長の今昔物語

最新の記事

商品紹介

.